軟鋼

軟鋼は、炭素の含有率が比較的低いスチールと定義され、より正確には「低炭素鋼」と呼ばれます。製品が軟鋼として分類されるために必要な炭素含有量は0.05-0.25 %であるのに対し、その他の高炭素鋼(硬度が高く、ナイフや切断工具によく使用される)には、最大2 %の炭素が含まれている場合があります。

低炭素鋼又は軟鋼のチューブ、シート及びアングルの最適な用途は何ですか?

軟鋼は、他の高炭素鋼やステンレススチールよりも延性、機械加工可能性、溶接可能性が高いものとして高く評価されていますが、一般的に、ほとんどの合金鋼よりも全体的な伸張強度が低くなっています。
  • 軟鋼シート穴あき鋼板は、食品及び飲料の製造、航空宇宙及び自動車エンジニアリング、さまざまなDIY用途、家具の設計 / 製造、家庭内の一般的な装飾などの業界で広く使用されています。
    • 軟鋼シートは溶接可能で、薄いゲージでは容易に手で切断又はドリル加工できますが、厚肉のシートには機械や工具が必要になる場合があります。
    • シート上のスズめっきが長期間腐食や化学物質からの保護を提供します。

  • 軟鋼製のチューブ、ロッド、レングス、バー、六角棒は、主に建設に使用されています。作業の要件に従って適切な長さと厚さを選択する必要があります。
    • オンラインでチューブレングスを購入する場合、直径はチューブの全体的なサイズを表し、厚みはチューブの壁の厚さを表すことに注意してください。スチールチューブレングスにケーブルやその他の材料を通す計画がある場合に重要なパラメータです。

  • 軟鋼アングルは、90度に曲げられているL形ビームで、壁、天井、その他の屋内外の荷重に対する枠組みや構造支持の役割において、他の材料に容易に固定するために使用できます。
軟鋼は、一部の構造用途に使用されているだけでなく、標識製作、家具及びインテリアデザイン用途、配線及びファスナ製造、車両の製造 / 修理、フェンスにも広く使用されています。

たとえば、ステンレススチールより合金化元素の割合が低いため、より過酷な環境や条件で使用するには、軟鋼の鉄成分は、適切にコーティングされていないと酸化や腐食を起こしやすくなります。

"