産業用プッシュボタン、パイロットライト及び制御ステーション

当社では、産業用プッシュボタン、パイロットライト及び制御ステーションを幅広く取り揃えています。エンクロージャやコンタクトブロックなど、さまざまなアクセサリも揃っています。Schneider Electric、Siemens、ABB、Eatonなどの一流ブランド製品を網羅しています。

産業用押ボタンとは何ですか?

押ボタン(プッシュボタンとも呼ばれます)は、基本的に産業機械やプロセスの制御メカニズムとして機能するボタンです。ほとんどの場合、これらはプラスチック又は金属製で、周囲にベゼルが付くこともあり、またステータス(点灯 / 消灯)がインジケータライトで示される場合があります。

通常はミリメートル(mm)単位の標準サイズで、指又は手で簡単に押して、あらゆる制御対象をオン / オフできます。押されたままにボタンと、初期の状態に戻るボタンがあります。

押ボタンは防塵、防滴機能を備えるものもあり、性能はIP(侵入保護)等級で示されます。

普通のスイッチではなく押ボタンを使用するのはなぜですか?

ほとんどの場合、押ボタンは、始動、通常停止、緊急停止の3つの状態を備えます。始動は開、停止は閉で、どちらも普通のスイッチとは異なるメカニズムを使用しています。普通のスイッチは高電圧や高電流に耐えることができないため、代わりに押ボタンが使用されます。

パイロットライトとは何ですか?

パイロットライト(電源インジケータライトとも呼ばれます)は、機械や工業プロセスの始動 / 停止を示すために使用できます。このために、照明の色(赤 / 緑)を切り替えたり、瞬間的に点滅又はフラッシングしたりできます。ほとんどの場合、このライトは機械に配置されるか、すぐに操作できるコントロールパネルに配置されるため、簡単に操作できます。パイロットライトは、製作に使用された材質により、危険区域でも使用できます。

このライトは簡単に交換でき、多様な形状、色、サイズ(mm 単位)があり、さまざまな電圧に対応しています。LEDランプを内蔵したバージョンは、一般的にランプの寿命が長く、何千時間も持続します。ほとんどのパイロットライトには、標準モジュール本体に交換可能なオペレータとコンタクトブロックが付属しています。

制御ステーションとは何ですか?

制御ステーションは、1つ又は複数の押ボタンと関連するパイロットライトのための産業用ハウジングです。1ボタンの制御ステーションは、単一の目的(非常停止)に対応し、複数ボタンの制御ステーションは複数の機能(開始 / 停止)に対応します。クレーン、ホイスト、その他の装置を制御するジョイスティックを備えたものもあります。

ハウジングにもまた、内部スイッチの対候性や耐水性に対するIP等級があり、極低温から極高温までさまざまな温度範囲に対応します。制御スイッチには、押ボタンの作動を防ぐロック機構が備えるものもあります。