工業用スイッチ

工業用スイッチは、回路内の電流を中断又はリダイレクトするための装置です。この電子スイッチは、「開」又は「閉」のみであるため、シンプルなバイナリ装置です。開で電流を流し、閉で電流を停止します。工業用スイッチは家庭用スイッチと同じ方式で動作しますが、産業用途に合わせてさまざまなスタイルが用意されています。

工業用スイッチの種類

当社はさまざまな工業用スイッチを取り扱っていますが、ここでは主なスイッチについて説明します。

  • リミットスイッチ - 物体の存在や配置が必要な場合に使用します。通常は電磁作動式で、物体がアクチュエータに物理的に接触すると作動します。
  • リードスイッチ - 小さなガラスケース内に2本の鉄製リードが入った構成です。磁界がスイッチの方向に移動すると、スイッチが磁気を帯びて動きます。タブレットでも使用され、タブレットを保護ケースに入れたときに、マグネットがリードスイッチを作動させるためスイッチがオフになります。
  • ロータリスイッチ - トグルスイッチやサイドスイッチの代替品。ロータリスイッチでは、ノブ又はシャフトを回すことで、回転方向に応じてコンタクトを通って伝導される抵抗を増減させることができます。ロータリスイッチでは、さまざまな作動ポジション、さまざまな回路のオン / オフ、回路の値の増減が可能です。一部のロータリスイッチは、1か所のスイッチポジションで複数のコンタクトを同時に制御するように設定できます。
  • サーミスタ - 温度を変化させることにより回路のオン / オフを切り替えます。NTC (負特性)サーミスタの抵抗値は、温度が下がると変化し、一般に温度センサとして使用されます。PTC (正温度係数)サーミスタの抵抗値は、温度が上昇すると上昇し、一般に過電流保護に使用されます。
  • サーモスタット - 液体や気体の温度を調節するために使用します。サーモスタットには主にキャピラリとバイメタルの2種類があります。
  • アイソレータ&スイッチ遮断器 - 保守点検作業の前に回路内の電力を完全にオフの状態にするための装置です。電力供給を遮断し、回路の特定の部分を絶縁して安全に作業できるようにします。
  • ヒューズなしスイッチ遮断器 - スイッチ遮断器と機能は同じですが、ヒューズを使用して回路を遮断するのではなく、ロータリ又はナイフブレードを使用して遮断します。