センサ・変換機器

当社では、汎用モデルからRFID及びIO-Linkモデルまで、工業オートメーションシステムのあらゆる用途に対応する幅広いセンサー / 変換機器があります。当社の製品には、近接センサ、温度センサ、光電センサ、トランスデューサがあり、メーカーはSICK、Telemecanique Sensors、オムロン、Pepperl + Fuchs、RS Proなどのトップブランドです。

センサとは

センサは、さまざまな種類のエネルギーを検出して測定し、それを読み取り可能な出力に変換することができます。センサのタイプとその測定には、次のようなものがあります。

  • サーマルセンサ - 特定の温度又は温度範囲
  • 近接センサ - 物体の存在。回転式エンコーダ - 位置と速度
  • フローセンサ - 流体の流れる力。圧力センサ - 圧力

トランスデューサとは

トランスデューサは、入力されたエネルギータイプを別のタイプに変換する装置です。電球の場合、電気エネルギーは熱出力と光出力の両方に変換されます。トランスデューサタイプの例:

  • 電気化学: 電池は化学反応を電気エネルギーに変換
  • 電気機械: モーターは電気を機械的エネルギーに変換
  • 熱電気: 熱電対は熱を電気エネルギーに変換

トランスデューサとセンサの違い

トランスデューサは、単に入力エネルギーを異なる出力エネルギータイプに変換するだけです。それに対し、センサは変化に反応して電気信号を出力する点がトランスデューサに似ていますが、こちらは可読形式で定量化できます。

センサとトランスデューサの利点

効率的な自動化システムでセンサとトランスデューサを使用する場合、動作の信頼性が向上し、品質管理の精度が高まり、生産性と安全性も最適化されます。

スマートセンサとは

インダストリー4.0とモノのインターネット(IoT)は、自動化システムに革命を起こし、進歩しています。IO-Linkは、さまざまなメーカーの機械が相互に通信できるようにするための、世界的に認められたセンサのネットワーク規格です。スマートセンサは、通常のセンサと同じ測定アプリケーションを実行し、自己識別、テスト、検証、学習などのスマート機能によって制御を強化します。ライブデータの提供、マシン間の通信の確立、独自の対応による問題の診断と修正を支援し、効率性を向上させます。