光電センサ

光電センサは、電磁場又は電磁放射によって物体やその数を検出及び測定します。物体は、戻り信号の変化を測定することによって検出されます。光電センサは、主にビーム型、再帰反射型、拡散型の3種類に分類できます。3種類に共通する基本機能は、物体の有無を検出したり物体までの距離を測定したりすることです。
透過型センサ
透過型センサには2つのハウジングが必要となります。トランスミッタとレシーバに個別のハウジングがあり、トランスミッタはレシーバに連続的な光線を送ります。 物体がビームを通過するたびにトランスミッタとレシーバ間の信号が中断され、その結果レシーバは出力に電気信号を送ります。透過型センサは長距離感知に適しており、色や角運動にかかわらず、ほぼあらゆる物体を検知することができます。
再帰反射型センサ
再帰反射型センサはトランスミッタとレシーバの両方が同じハウジングに含まれていますが、センサの反対側に反射板が必要です。反射板は物体がビームを遮るまで、光ビームをトランスミッタに跳ね返します。アルミニウムのような反射率の高い物体の場合は偏光フィルターを備えたセンサが必要です。フィルタを使用することで、反射材料からの反射光が反射板からの反射光と異なることをセンサが認識できるようになります。
拡散センサ
取り付けるデバイスが1つだけであるため、拡散センサーは設置が簡単です。 これは、トランスミッタとレシーバが1つのハウジング内に含まれているためです。拡散センサは、既定の感知範囲内にある測定対象からの反射を使用します。トランスミッタは連続的な光線を送ります。光線は測定対象に当たると全方向に拡散し、この光の一部が反射してレシーバで認識され、レシーバから出力に電気信号が送られます。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

3 件中 1 - 3 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) センサーのスタイル 検出タイプ 検出範囲 出力タイプ 電気的接続 最大AC電圧 最大DC電圧 通信プロトコル ターミナルタイプ 接続方式 ライトソース IP保護等級 電流 Max インターフェイス
RS品番 352-7340
メーカー型番EX-23
メーカーSunx
¥14,645.00
購入単位は1個
ブロック形 スルービーム 2 m NPN ケーブル - 24V - - - LED IP67 50 mA -
RS品番 353-9898
メーカー型番EX-13EB
メーカーSunx
¥7,490.00
購入単位は1個
ブロック形 スルービーム 500 mm NPN ケーブル - 24V - - - LED IP67 50 mA -
RS品番 352-7889
メーカー型番PM2-LF10B
メーカーSunx
¥1,679.00
購入単位は1個
ブロック形 逆反射型 2.5 → 8 mm NPN コネクタ - 24V - - - 赤外線 - 100 mA -