型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

ロータリエンコーダ

ロータリエンコーダは、シャフトエンコーダとも呼ばれ、シャフト又は軸の位置を監視し、 デジタル形式で送信する電気機械式センサです。


ロータリエンコーダは、次の2つの主なタイプに分類できます。


アブソリュート - デジタルアブソリュートエンコーダは、シャフトの角度ごとに固有のデジタルコードを生成します。このタイプのエンコーダは、システム電源がオフのときも位置情報を保持します。エンコーダの位置は、電力を供給したときに再び得られます。エンコーダの値と制御対象機械の物理的位置の関係はアセンブリ時に設定します。


アブソリュートエンコーダの種類:


  • 機械式

  • 光学式

  • 磁気式

  • 静電容量式

インクリメンタル - このエンコーダは、シャフトの位置変化を正確に記録しますが、エンコーダの状態と物理的位置の関係は相対的に記録されています。カウントが始まるポイントは、外部デバイスカウントシステムによって決まります。位置情報を提供するには、エンコーダの位置を、それが取り付けられている装置に関連付ける必要があります。


ロータリエンコーダは主に、精密な無限回転シャフトを必要とするさまざまな用途で使用されています。ロボット産業、電子産業、機械製造など、さらにさまざまな家庭用機器でも一般的に使用されている部品です。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数