型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

レジスタセンサ

レジストレーションセンサは、 コントラストセンサと呼ばれることもあり、 光度、 色又はその他のコントラスト因子の差を検出するように設計されています。このため、自動製造において一貫性を確保したり、機械プロセスをトリガしたりする際に不可欠と考えられています。たとえば、 自動カッターで、カットする素材に特定の色の変化を検出したときにカットするようにトリガすることができます。

通常、センサはユーザーの要件に合わせて設定可能で、 多くの場合、特定のレジストレーションマークを設定できるため、 高速の産業生産用途に最適化できます。設定されたパラメータに応答するために、アクションを正確にトリガする必要がある場合、 レジストレーションセンサは通常、制御システムの重要な要素となります。

カラーセンサとコントラストセンサの違い

材料面の一貫性の違いに対応できる コントラストセンサは通常、使いやすい「ティーチ」機能を使用して設定でき、センサがマークと背景の両方を認識できます。一般に軽量で使いやすいため、 さまざまな大量生産用途に採用されています。カラーセンサは、基本的にコントラストセンサと同じ目的を果たしますが、 特定の色を認識するように設計されている点が異なり、 感知対象の素材に固有の色マークが付いている場合の作業に適しています。

光度センサとは

光度センサ、 又は発光センサは、 表面の光度の違いを検出できるように設計されています。カラーセンサやコントラストセンサと同様に使用できますが、 特定の色や色のコントラストを明確に検出することはできません。 ただし、光度の差は検出できます。そのため、 より専門的な環境や材質に適しています。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数