サウンダ・ビーコン

当社では、作業員の安全を確保できるように、サウンダとビーコンを幅広く取り揃えています。建設、自動車、航空など、多くの商業 / 工業分野で使用されており、Werma、パトライト、Schneider Electric、Moflashなどのトップブランドを取り扱っているため、お客様の業務に適したサウンダとビーコンをご提供できます。

サウンダとビーコンの種類

サウンダとビーコンにはさまざまな種類があり、最も一般的なものは次のとおりです。

  • 回転 - 点灯した状態の電球が回転して、点滅しているような効果を実現
  • 点滅 - 点滅をオン又はオフにできる電球を搭載
  • 点滅ストロボ - 光が高速で規則的に点滅
  • シングルボルト - ビーコンの基部から突き出た1本のボルトで固定
  • 3本ボルト - 基部を3本のボルトで取り付けて安全性を強化
  • 磁気 - 簡単に取り外せて、固定されないソリューション

使用する電球は、ハロゲンビーコン、キセノンビーコン、LEDビーコンのいずれを選択するかによって異なります。

サウンダとビーコンのさまざまな用途

さまざまな用途がありますが、一般的な例は次のとおりです。

  • 火災報知器
  • セキュリティ警告
  • 機械の故障
  • フォークリフトトラックなどの倉庫での移動
  • ガス検出
  • 救急サービス

サウンダとビーコンは屋内でも屋外でも使用できますが、屋外で使用する場合は防水仕様を選択する必要があります。

サウンダとビーコンの違い

サウンダはサイレンとも呼ばれ、火災が発生した場合などに危険を警告する警報音を発します。ビーコンは危険を視覚的に示すインジケータで、通常は色付きレンズ越しにインジケータライトを点滅させます。2種類のアラームを組み合わせて音声と視覚の警報アラームを生成することもできます。これをサウンダビーコンといいます。

サウンダビーコンの対応範囲

一般に、サウンダビーコンの可聴範囲では、周囲の騒音レベルよりも5∼15デシベル(dB (A))程度高くなります。サウンダビーコンの対応範囲を検討する際には、検討事項が多数あります。たとえば、人や機械が立てる音のような騒音を考慮する必要があります。

2台のサウンダビーコン間の最小距離

この質問に対する決定的な答えはありませんが、発信された音が伝わる距離に基づいて、2台のサウンダビーコンの間に必要な距離を計算できます。

ビーコンのデシベルレベルは、1メートル離れた場所にいる人間が基準になります。したがって、たとえば距離を2倍にして2メートルの位置にすると、デシベル値は6下がります。