温度調節器 (PID制御)

PID制御(ピーアイディーせいぎょ、Proportional-Integral-Differential Controller、PID Controller)は、制御工学におけるフィードバック制御の一種であり、入力値の制御を出力値と目標値との偏差、その積分、および微分の3つの要素によって行う方法のことである[1]。制御理論の一分野をなす古典制御論の枠組みで体系化されたもので長い歴史を持っている。フィードバック制御の基礎ともなっており、様々な制御手法が開発・提案され続けている今に至っても、過去の実績や技術者の経験則の蓄積により調整を行いやすいため、産業界では主力の制御手法であると言われている

PID温度コントローラとは何ですか?

PID温度コントローラは、PID制御(Proportional-Integral-Differential Controller)に基づき温度を制御するコントローラです。

目的の温度設定点と現在の温度の差を計算し、温度が可能な限り設定点の近くに留まるようにするオン / オフを制御するコントローラです。

PIDは入力値の制御を出力値と目標値との偏差、その積分、および微分の3つの要素によって行う方法です。

PIDコントローラは温度が連続的に変化する対象を制御する場合に有効です。反対に応答時間が長く温度変化が急激な対象の制御には向きません。

PIDアルゴリズムの3つの要素は、比例、積分、微分です。この要素は一定時間でのプロセス温度と設定点との分散に関係しています。

- 偏差 - 設定温度と現在の温度との分散

- 積分 - 設定温度の以前の分散

- 微分 - 以前と現在の差に基づいて予測される将来的な分散

ある程度以上の期間から導かれるこれらの分散をPIDの計算式を用いると、温度を設定点に維持するために必要な電力が導かれます。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

1 件中 1 - 1 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) 出力タイプ 電源電圧 サイズ 入力数 出力数 動作温度 Min 最低動作温度 動作温度 Max 最大使用温度 温度範囲 コントロールタイプ 設定可能な出力 利用可能な通信モジュール ディスプレイのタイプ
RS品番 163-441
メーカー型番PID330ML-1000
メーカーTempatron
¥33,396.00
購入単位は1個
リレー 24 V ac/dc 96 x 96 (1/4 DIN)mm - 2 0°C - +50°C - +149 → +1820 (タイプB熱電対)、0 → +1390 (PL2タイプ)、0 → +1750 (タイプR / S熱電対)、0 → +2300 (タイプC / W熱電対)、-100 → +850 (PT100)、-200 → +1300 (タイプN熱電対)、-200 → +1350 (タイプK熱電対)、-200 → +400 (タイプU & T熱電対)、-200 → +750 (タイプE & J熱電対)、-200 → +900 (タイプL熱電対) °C ON / OFF - - LED