検索キーワード履歴

    電池ホルダ・ケース

    電池ホルダは、1つまたは複数の電池を収容するために使用されます。電池ケース、電池ボックスと呼ばれることもあります。乾電池の場合はホルダが電池端子に電気的に接触している必要があります。湿式電池の場合、自動車や非常用照明機器と同様に、通常、電池端子にケーブルを接続します。

    通常、電池ホルダ内部の電気的接続は、コイル状のスプリングワイヤーと電池端子に押し付けるフラットタブの2種類が一般的です。外部の接続は、一般的にピン、はんだラグ、配線との接触で行われます。

    種類

    電池ホルダは、電池を収納できるようにハウジング形状が成型されたプラスチックケースと、ネジ、ハトメ、接着剤、両面テープなどで取り付ける別体のプラスチックホルダの2種類があります。また、電池を保持・保護するための蓋があるもの、電池の漏液による回路や部品の損傷を防ぐために密閉されているものもあります。

    電池の種類によって分類すると、電池ホルダはボタン・コイン電池ホルダ、スイッチ付き電池ボックス、単 3 形乾電池ホルダ、9V形乾電池ホルダなど、さまざまなタイプがあります。そのため、用途や対応する電池の種類などに合わせて適切な製品を選定する必要があります。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数