型番

ボールベアリング

ボールベアリングは、回転 / 揺動シャフトと外部リング間に金属製のボールを備えた、駆動部品業界で使用される転がりベアリングです。自転車の車輪から航空宇宙工学まで、あらゆる分野で使用されている ボールベアリングは、回転摩擦を低減しながらラジアル荷重を支えるように設計されています。低摩擦係数を保証する転動体を内蔵しています。ボールベアリングによって、 たとえば、 車軸又はモータシャフトのスムーズで途切れのない回転が実現されます。


ボールベアリングを効率的に、又は高速で動作させる唯一の方法は、高温で効果を発揮する適切な潤滑剤を使用することです。公称寿命と荷重に応じて、各ベアリングに適切なオイル又はグリース潤滑剤を使用する必要があります。ボールベアリングの詳細及びコードを判読する方法については、 当社のボールベアリングガイドを参照してください。

高速で回転するボールベアリングには、潤滑剤とクリーンな環境が必要です。ボールベアリングをシールドすることで、汚れやグリースに対する保護が強化され、 そのため、 ボールベアリングの寿命が長くなります。密閉されたボールベアリングは、ボールベアリング機構にほこりや汚れが侵入する危険性が低減し、信頼性が高まります。また、ベアリング内に潤滑剤を保持して、スムーズな動作を より長く維持します。

ボールベアリングの種類

ボールベアリングは、滑り摩擦を低減して回転摩擦に変換し、半径方向及び軸方向の荷重を支えるために、機械で使用されます。ボールベアリングには、開放型と密閉型があり、 環境要件に応じて使用されます。また、直径の異なるタイプも幅広く取り揃えており、 メートル系のサイズで提供しています。以下のタイプがあります。

  • 大きな耐荷重が必要な場合に適した深溝ボールベアリング。深溝とは、レース(ボールが収まる溝)を指します。したがって、内輪と外輪の間には、 ボールの直径より大きなスペースがあります。これにより、ラバーシール用のスペースができます。
  • アンギュラボールベアリング
  • 1列ボールベアリングが最も一般的
  • リニアボールベアリング
  • ミニチュアボールベアリング
  • ラジアル深溝ボールベアリング
  • ロングシャフトと併用されるセルフアライメント式ボールベアリング
  • スラストボールベアリング
  • 腐食に強く、必要な潤滑剤がごく少量のセラミックベアリング
  • シールドベアリング
  • 2つの列がある2列ベアリング
  • ボールの位置が決まっているケージベアリング

ボールベアリングは可動部品がある物に使用され、多くの用途があります。主な用途には、コンピュータのファン、 腕時計、 ギアボックス、子供用玩具など、非常に具体的な用途があり、加えて、次のような用途もあります。

  • 飲食料品業界
  • 製薬
  • 医療業界
  • エンジン及びポンプ
  • モータスポーツ
  • 印刷

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数