型番

AVケーブル

AVケーブルとは、AV機器(音響機器・映像機器)同士を接続し、音声・映像等の信号をやり取りするために使われるケーブルです。映像や音声などを入力・出力する際に用いるため、家庭やイベント、ビジネスなど幅広い場面で使用されます。


コネクタ形状や流れる信号の規格により様々なものがあります。RSコンポーネンツでは、BNC、DC、SCART、ステレオジャック、ミニジャック、VGA、D-Sub、UFL、SMAXLR、XLR3、DIN、フォノ、MMCX、モノラル、オープン同軸、HDMIなど様々な種類のコネクタに対応しています。ケーブルによって対応機種はさまざまであるため、使用時にはコネクタの形状と接続する機器の端子が適合しているかを確認することが必要です。長さが不足している場合には、延長ケーブルによって対応することもできます。

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0