型番

DINケーブル

DINケーブルアセンブリは、複数の種類のケーブルから構成される電気コネクタで、インターフェイスに挿入してデバイスを接続します。通常、フルサイズのDINコネクタは直径13.2 mmで、3~14個のピンが配置されています。


DINケーブルアセンブリの仕組み

DINケーブルアセンブリは、金属製スカートで保護されたストレート丸型のピンから構成されています。このスカートは、ピンの損傷を防ぐため、プラグを一方向にのみ挿入できるように配置されています。DINコネクタは、安全に接続するため、インターフェイスに挿入します。使用されるインターフェイスとしては、2つの異なるコントローラ、マウスとコンピュータ、送受信のオーディオデバイスなどがあります。送信インバウンド / アウトバウンドのオーディオデバイスがあります。


DINケーブルアセンブリの種類


5ピンDIN

5ピンDINコネクタでは、5つのピンが円形に配置されています。このコネクタは、古いATスタイルのコンピュータキーボードでよく利用されていました。


6ピンDIN

6ピンのミニDINは、キーボードやマウスの接続によく使用されています。


8ピンDIN

このタイプのDINは8つのピンが3列に配置され、ポータブルビデオデバイスでよく利用されています。

Loading...

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0
人気検索キーワード