ケーブルコンジット & 配線ダクト

ケーブルコンジットトランキングを壁面に埋設するには、以下の基本的な手順に従う必要があります。最初に壁にチャンネルを作成します。使用するコンジットよりも幅を6 mm広く、深さを3 mm深くします。次にコンジットを必要な長さに切断し、中にケーブルを通します。粘着式の裏地、コンジットクリップ、釘を使用してチャンネル内にコンジットを固定した後、しっくい塗りで壁をきれいに仕上げます。

ケーブルコンジットサイズの決定

必要なコンジットサイズを計算するには、まず各ケーブルの断面積に適切な係数を掛ける必要があります。各ケーブルの係数の合計が、各コンジットの直径の推奨容量係数を超えないようにします。

コンジットの直径(mm) 容量係数

· 16 mm 290

· 20mm 460

· 25mm 800

· 32mm 1400

コンジットやトランキングには何本のケーブルを収容できますか?

ワイヤ1本のみを収容するコンジットの推奨最大充填率は、53 %、2本の場合は31 %、3本以上の場合は40 %です。必要なコンジットのサイズは、コンジットに通すワイヤの断面積を計算することで確認できます。

コンジットにベンドを組み込む場合は、使用最大断面面積から15 %を差し引くことを推奨します。また、コンジットの1区間で2つ以上の90 °ベンドを使用することは避けてください。