電線管 ・ コンジットチューブ

コンジットは、ケーブルを通すことができるチューブの一種で、プラスチック、繊維又は金属製です。 電線用導管を使用することで、導管を通すケーブルの構造、ケーブルの保護及び支持機能が得られます。電線用導管は、単一のケーブル又は束ねたケーブルをまとめて敷設するときに、安全できれいに収める手段になります。
ケーブルコンジットは、電気ケーブルの敷設、ケーブルの埋設、壁の貫通、又はケーブル配線が露出している場所で保護が必要な場合のサポートに最適なソリューションです。
コンジットケーブルを選択する際には、自分自身と他の人の安全を確保し、チューブの性能を発揮するために、実施するプロジェクトに適した材料を選択することが重要です。RSコンポーネンツの多数のコンジットの材料の中で代表的なものには、ナイロン、スチール、亜鉛めっきスチール、PVC、ステンレススチールがあります。
以下に、最も一般的に使用されるケーブルコンジットと用途の一部を紹介します。この他にも、多数のタイプをご利用いただけます。
• フレックスメタルコンジット(旧称FMC)は、優れた保護が得られ、設置が容易で、柔軟性が高い耐摩耗性コンジットです。このタイプのフレキシブルコンジットは防水ではないことに注意してください。
• フレキシブルメタルコンジット。きつい曲がりのある場所やコンジットを斜めに配置する必要がある場合に最適なソリューションです。
• 液密性フレキシブルメタルコンジット。このタイプのコンジットは、柔軟性と湿気が発生しやすい場所での保護が必要なケーブルをカバーするために最適です。
• 耐摩耗性に非常に優れた堅牢なメタルコンジット。このタイプのメタルコンジットは、極端な条件でのケーブル管理に適したソリューションです。名前が示すように、このタイプのコンジットは曲げることができず、コーナーピースやベンドを使用して部品を結合します。
• PVCプラスチック製コンジットは、主に湿った場所に設置され、柔軟性のあるタイプと堅牢なタイプをご利用いただけます。プラスチック製コンジットは、PVC接着剤又は接続アダプタを使用して簡単に相互に接続できます。安全性を確保するために、接続ポイントで緑色の線をコンジットに巻き付けて正しく接地します。これは、PVCコンジットが非導電性であるためです。
• 中間メタルコンジット(IMCコンジット)は、厚肉の亜鉛めっきスチール製、屋外設置、露出したガレージ、ケーブルコンジットが潜在的な損傷や腐食にさらされている場所で使用されます。IMCコンジットは電線用導管の一種で、柔軟性のあるタイプと堅牢なタイプがご利用いただけます。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) 呼び径 材質 コンジットタイプ 外径 内径 長さ IP レーティング コーティング材 シリーズ ネジ径 動作温度 Max 動作温度 Min 最小曲げ半径
RS品番 217-734
メーカー型番05116
メーカーArnould
¥15,707.00
購入単位は1リール(100m)
リール
16mm プラスチック フレキシブル 16mm 10.7mm 100m IP54, IP55 コーティングなし ICTA - - - -
RS品番 217-790
メーカー型番05120
メーカーArnould
¥11,049.00
購入単位は1リール(100m)
リール
20mm プラスチック フレキシブル 20mm 14.1mm 100m IP54, IP55 コーティングなし ICTA - +90°C -5°C -