産業用電線

当社は、ソーラーPV、トレースヒーター、セキュリティ及びアラームシステム用の専用ケーブルを含む産業用電線を幅広く取り揃え、Prysmian、Lapp、Beldenなどの主要ブランドと連携して、あらゆる用途に適したケーブルを提供しています。

電源ケーブルとは?

電源ケーブルは電力の伝送に使用され、1本以上の銅線又はアルミニウム導体、絶縁体、すべてをまとめて保持する絶縁被覆の3つの主要なコンポーネントで構成されています。さまざまな形状、サイズ、素材が用意されており、どれを選択するかは設置箇所によって異なります。

適切な種類のケーブルを選択するには?

電源ケーブルを選択する際に考慮すべき主な要因は、次の2点です。

  • 電流容量 - これはケーブルのコアの断面積によって決まります。
  • 作業環境 - これにより絶縁被覆の素材と絶縁体が決まります。ケーブルの使用条件を考慮する必要があります。
  • 電源ケーブルのサイズ

    AWG(米国ワイヤゲージ規格)は、広く認められたケーブル断面積の寸法規格で、例えば20 AWGのように単純な数値で示されます。

    断面積(CSA)は導体の表面積(mm2)です。

    どちらの測定単位もワイヤの太さを表します。AWGの値が大きくなるほどワイヤが細くなり、CSAの値が小さくなることに注意してください。

    電源ケーブルにはどのような種類がありますか?

    • 主電源ケーブル - 家庭用電化製品や工具の配線などの用途に最適です。PVC、ゴム、又はCPEの絶縁被覆と1 → 5本のより線又は単線の銅芯のものが用意されています。
    • SWAケーブル - コアと編組の周囲に亜鉛めっきスチールワイヤ絶縁を備え、保護機能と強度が向上しています。通常は地下の配線に使用され、屋内、屋外での設置に適しています。被覆材はPVC又はLSZH(低煙性ハロゲンフリー)です。
    • コンジットケーブル - 構造内の電流トランスミッタとして機能し、コンジットエンクロージャ内に格納されています。このケーブルは、火災、煙、化学物質、ガスによる装置や機械の損傷の危険がある環境で安全対策として取り付けられます。
    • マルチコアケーブル - 2 → 20+コアのものがあります。スクリーニング又は編組は、外部の干渉を減らし、高品質の信号を維持するのに役立ちます。