型番

延長コード・ケーブルリール

延長リードとは何ですか?

延長リード(延長ケーブルや延長コードとも呼ばれる)は、片方の端に1つ以上のソケットが、そしてもう片方の端にプラグが付いた電源ケーブルです。電気延長リードを使用すると、装置内の統合ケーブルを使用するよりも、電源ソケットからより離れた位置で機器を使用することができます。延長リードは、電源ケーブルの長さを効果的に延長します。拡張リードには多数のソケットがあるものもあり、1つの電源ソケットから複数のデバイスに電力を供給することができます。

延長リードにはどんな種類がありますか?
シングル延長リード – シングル延長リードにはソケットが1つのみあり、一般にコンセントがない部屋の部分に電力を供給するために使用されます。他の延長ソケットやマルチソケットアダプタと直列で組み合わせることはできません。

マルチソケット延長リード – マルチソケット延長リードは、マルチギャング延長リードと呼ばれることもあり、複数のソケット(又はギャング)を備えています。これは、複数のデバイスに電力を供給するため、及び1つのコンセントに接続できるプラグ数を増やすために使用できます。

ケーブルリール – ケーブルリールには、1つ又は複数のソケット又はギャングがあります。ケーブルリールの延長ソケットを使用すると、はるかに広い距離からデバイスに電源を供給できます。ケーブルの長さは、通常、数メートルから100メートルまでの長さです。ケーブルは、内蔵ソケット付きのリールに巻かれています。リールが使用されているため、延長リードの保管や移動が簡単です。一部のモデルには自動巻き戻し機能があるため、使用後にケーブルを手動で巻き戻す必要はありません。また、一部のケーブルリールの延長リードには、障害が発生した場合に電気ショックを防止するRCDs (残留電流放電デバイス)が組み込まれています。

安全上の注意事項:
• 延長リードは、別の延長リードに接続したり、直列接続で使用したりすることはできません。そうすると、ソケットが過負荷になる可能性があります。
• 最大電流定格を超えている機器を接続して、ソケットを過負荷にしないでください。
• 延長リードケーブルが危険な場所にある場合は、ケーブルを固定するか、保護用のゴム製ストリップで覆ってください。
• ケーブルリールを使用する場合は、巻かれているケーブルを完全にリールから外し、過熱を防止する必要があります。

その他の機能:
IP定格: IP (侵入保護)定格は、電気エンクロージャがどれだけ効果的に異物の侵入を防止するかを定義します。
サージ保護: サージ保護機能は、ユニットと接続されている機器を電圧スパイクから保護します。
スイッチ付きソケット: 一部のモデルでは、個々のソケットのオンとオフを切り替えるオプションがあります。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数