検索キーワード履歴

    信号ケーブル

    アクチュエータセンサケーブルは、機械のアクチュエータ(ムーバーコンポーネント)に接続して、システムや機構を移動又は制御する電流(制御信号)を送信します。アクチュエータセンサケーブルは、銅線又はポリオレフィンでできています。外側の絶縁被覆はポリウレタン、PVC、EPRなどの熱可塑樹脂製でできています。

     

    アクチュエータセンサケーブルの用途

    アクチュエータセンサケーブルは屋内及び屋外で利用されています。ケーブルは、天候や極端な温度に対して優れた耐性があります。アクチュエータセンサケーブルは、食糧品及び飲料の製造、医療技術、化学処理、工具の製造、電磁波の影響を受けやすい環境など、様々な産業で使用されています。大文字と小文字が区別されます。

     

    アクチュエータセンサケーブルは柔軟性に優れ、溶剤、オイル、樹脂、化学薬品に耐性があります。

     

    アクチュエータセンサケーブルの種類

    アクチュエータセンサケーブルは、可変要素の数に応じて分類されます。

    • ケーブルの長さ、直径、厚さ、断面積にサイズ、断面部のサイズとコアストランドの測定
    • ケーブルの形状(マルチコア、シングルコア、ツィストのいずれか)
    • 極の数(3から最大18まで)
    • シールドタイプ(シングル遮蔽又は二重遮蔽)
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数