ネットワークケーブル

小規模なネットワークを構成しますか? それとも、産業用ネットワーク全体を敷設しますか? データイーサネットアセンブリ、光ファイバーケーブル、通信ケーブル、薄型イーサネットケーブル、ツイストペアイーサネットパッチケーブル、固定敷設ケーブルなど、最適なネットワーク及び通信ケーブルを当社が取り扱う製品で簡単に見つかります。

当社では、低煙ゼロハロゲンシース(LSOHシース及びLSZHシースとも呼ばれます)のイーサネットケーブルと通信ケーブルも提供しています。

産業用イーサネットネットワークケーブル

いずれも、さまざまなイーサネット速度グレード(Cat5、Cat5e、Cat6、Cat6A、Cat7)を備えています。これらのグレードは、最新のネットワーク用途すべてをカバーしています。当社では、固定又はパッチタイプの敷設用ネットワークケーブル(シールド付き又はシールドなし、ツイストペア又は非ツイストペアなど)を提供しています。パッチケーブルアセンブリは組み立て済みで、RJ-45コネクタが取り付けられています。これは、さまざまなタイプのパッチパネルタイプアプリケーションで使用できます。

主なカテゴリタイプと速度グレードの違い

  • Cat-5は、最大100 Mbpsの速度を提供し、100 MHzの周波数で動作します。
  • Cat-5eは、最大1 Gbpsの速度を提供し、Cat5eも、最大100 MHzの速度で動作します。
  • Cat-6は、より高速な最大10 Gbpsの速度を提供し、10ギガビットという速度は一般に、約50メートルまでのケーブル長で達成されます。ただし、長さ50メートル以上のCat6 LANケーブルの速度は1ギガビット/秒に低下し、Cat6 LANケーブルも、最大250 MHzの周波数で動作します。
  • また、Cat-6eの速度は最大10 Gbpsです。長さ制限はなく、Cat-6と比較した場合、Cat-6e LANケーブルは500 MHzの周波数で動作します。

当社のネットワークケーブルで用意されているシールドのタイプ:

  • UTP又はU/UTP: シールドなしツイストペア。
  • F/UTP: 全体をホイルシールド。
  • U/FTP: 各ペアをシールド。
  • S/FTP: 各ペアをシールド + 全体を編組シールド。
  • SF/UTP: 全体をホイルシールド + 全体を編組シールド。
  • F/FTP: 全体をホイルシールド + 各ペアにシールドを含みます。

ネットワークデバイスとハードウェアのタイプ

ネットワークケーブルは、多くの場合、RJ45コネクタを介したイーサネット接続を使用してさまざまなネットワークハードウェアを接続するために使用され、固定敷設では、RJ45アウトレットも含まれます。イーサネットケーブルは、プリンタを共有するコンピュータでも、ピアツーピアで接続するコンピュータ、ネットワーク上でストレージドライブを共有するコンピュータ、他のさまざまなデバイス(スキャナ、モデム、電話など)の接続でも、1台又は複数のネットワークデバイスを接続するために使用できます。また、2台のコンピュータをピアツーピアで接続する場合、クロスオーバーパッチ(一般的には、ヌルモデムパッチケーブルと呼ばれます)を使用してこれを実現します。