カテゴリ6 (Cat6) ケーブル

Cat6ケーブルとは
カテゴリ6ケーブルは一般にCat6と呼ばれています。これは、イーサネット及び他の物理層に使用する標準化されたツイストペアケーブルで、Cat5 / 5E及びCat3などの以前の世代と下位互換性があります。ファストイーサネット10BASE-T、100BASE-TX、ギガビットのネットワークと互換性があります。
Cat6ケーブルが使用できる場所
ギガビットイーサネットベースのコンピュータネットワークでは、Cat6ケーブルはビデオ及び電話用途に使用することもできます。高速データ伝送を実現し、クロストークを最小限に抑えるように設計されています。
購入に適したCat6ケーブルの種類
当社のCat6ケーブルは、250 MHzの帯域幅を備えており、LSZH (低煙性ハロゲンフリー)タイプを用意しています。
• LSZHケーブルは、有毒ガスや腐食性ガスの放出が少ないため、通気性が低い環境で使用されます。
• LSZH Cat6は、レール業界、タンク、航空機、海上設置、船舶に使用されています。EMI (電磁干渉)の影響を受ける環境では、シールド付きのオプションが必要な場合があります。
• ソリッドケーブルは、1本のソリッド金属ワイヤ製の導線を使用しています。柔軟性に欠ける場合があります。ソリッドケーブルは、長距離で信号を送信するのに優れています。ソリッドCat 6ケーブルは、壁内、コンジット、天井裏に設置されます。
• より線は、各導体を中心として細いワイヤをより合わせて、太いワイヤを形成しています。パッチコードやその他の短いネットワークケーブルとして使用するのに最適です。
シールド付きとシールドなし(UTP)イーサネットケーブルの違い
• UTP (シールドなしツイストペア)ケーブルでは、電磁干渉(EMI)及び無線周波数干渉(RFI)に対する抵抗が得られます。これは、ツイストケーブルを使用して作られているためです。ただし、他の機械、電源ケーブル、及び電子機器の近くにある場合は、EMI及びRFIの影響を受ける可能性があります。
• シールド付きケーブルは、EMI及びRFIに対する大きい抵抗が得られます。STP(シールド付きツイストペア)とも呼ばれるシールド付きケーブルでは、より高速な伝送速度、データエラーの減少、クロストークの低減を実現しています。
ケーブルアセンブリ
Cat6ケーブルアセンブリは、デバイス間のネットワーク接続に最適です。Cat6ケーブルアセンブリは、保護カバー内にワイヤをまとめたアセンブリで、コンピュータネットワークの接続に使用されます。Cat6ケーブルアセンブリは、通常、RJ45コネクタを備えています。RJ45は、イーサネットネットワーキングに使用されるタイプのコネクタです。10ギガビットイーサネットに対応し、55 mまでの距離で使用できます。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

選択した条件に当てはまる商品がありません。条件を変更してください。