光ケーブル

光ファイバケーブルは、光を伝送するための1つ又は複数の透明な光ファイバで構成されたネットワークケーブルです。光ファイバは、通常、保護チューブで被われたガラス又はプラスチック製のケーブルで、長距離データ通信に適しています。金属導体ケーブルに対する光ファイバケーブルの主な長所は、帯域幅及びデータ搬送性能に関する卓越した性能です。
光ファイバケーブルは、超高速な信号伝送、広い帯域幅、干渉の影響を受けにくいことにより、通信ネットワークに革命をもたらしました。光ファイバーケーブルは、インターネット、電話、テレビの用途で使用されています。また例えば、光ファイバーのクリスマスツリーなど、装飾的な照明にも使用されます。省スペース化が可能であることにより、自動車の照明及び安全機能にも使用されています。医療分野や機械的検査で使用され、電流、音、化学物質の光ファイバーセンサとしても使用できます。

光ファイバーケーブルの機能の仕組み
光ファイバケーブルは、小型レーザ又は発光ダイオード(LED)によって生成された光のパルスを使用して通信信号を搬送します。ケーブルは、毛髪の太さとほぼ同じ1本又は複数のストランドで構成されています。各ストランドの中心のことをコアといい、これが光の伝搬経路です。コアは、光を内側に反射するガラスの層で囲まれていて、これにより信号損失が回避され、光がケーブルの屈曲部を通過できるようになります。

光ファイバーケーブルの種類
• シングルモード: 最もシンプルな形式で、すべての信号が反射することなくファイバの中央を移動します。長距離(100 km超)のデータ伝送に適しています。
• マルチモード: シングルモードファイバよりも約10倍大きく、光線がさまざまな経路(複数のモード)を移動することができます。比較的短距離(2 km以下)のデータ伝送に適しています。
光ファイバーは、モーダルタイプと伝送速度に応じて分類されます。OM1はマルチモード62.5/125 μm、そしてOM2はマルチモード50/125 μm 1 Gbitです。
光ファイバーケーブルアセンブリは、保護ケース内に複数の光ファイバーケーブルが収納されています。このケーブルは、光の内部屈折を使用してデータを伝送します。個々のストランドは、ファイバーの損傷を防ぐため、プラスチックなどの素材でコーティングされています。また、ファイバーから光が漏れた場合の干渉を防ぐために、アセンブリ内でファイバー間に光吸収ガラスの層があるものもあります。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

3 件中 1 - 3 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) 伝播モード 長さ コア直径 終端処理済み / 未処理終端 コネクタ A コネクタ B ケーブル構造 芯数 シース色
RS品番 179-0056
メーカー型番BF4MC-6GTXRX-B1-80MM
メーカーHirose
¥14,088.00
購入単位は1個
- 80mm 0.5mm 終端処理済み BF4MC BF4MC - -
RS品番 179-0057
メーカー型番BF4MC-6GTXRX-B1-90MM
メーカーHirose
¥14,088.00
購入単位は1個
- 90mm 0.5mm 終端処理済み BF4MC BF4MC - -
RS品番 179-0055
メーカー型番BF4MC-6GTXRX-B1-55MM
メーカーHirose
¥14,088.00
購入単位は1個
- 55mm 0.5mm 終端処理済み BF4MC BF4MC - -