型番

銅線

銅ワイヤとは何ですか?
導体とは、電気を通す金属物質です。導電体(このケースでは銅)でワイヤが形成されています。ワイヤは、電気配線業界で使用されている、長い導電性金属です。ワイヤは、金型の穴又はドロープレートに基材を通して形成され、全体的なサイズを縮小します。最終的なサイズになるまで、直径を小さくするためにこのプロセスが繰り返されます。その後、銅ワイヤは焼きなましのプロセスを経ます。焼きなましプロセスでは、ワイヤが非常に高温まで加熱され、その後自然に冷却されます。この賢いプロセスにより、内部の弱さがなくなり、金属が強化されます。また焼きなまし加工により、金属の導電率も向上します。銅は銀の次に導電性が高い材質で、その優れた物理特性により、銅ワイヤはほとんどすべての電気用途で使用されています。
銅ワイヤの種類
通常銅ワイヤには、何らかの種類のコーティングが施されています。コーティングのタイプは、銅ワイヤが使用される場所によって異なります。
エナメル塗装されたワイヤ又はマグネットワイヤは、薄い層のワニスでコーティングされています。エナメル塗装された銅ワイヤは、トランス、モーター、インダクタ、電磁石に使用されています。
スズめっきワイヤは、材質外側の表面にスズの薄い層が施された銅ワイヤです。スズめっきによって銅の天然の特性が強化されるため、高温、湿気、湿った状態に対する耐性が向上します。スズめっき銅ワイヤははんだ付けが非常に簡単なため、コンポーネントと内部コンタクトの接続に便利です。
銅ワイヤは単一の固体の導体です。ワイヤのサイズは、3つの異なる方法で示されます。この3つとは、ストランドのサイズ、外径、又はゲージです。
通常、ストランドのサイズは、1/0.2 mm、1/0.5 mm、1/0.63 mmのように表示されます。スラッシュの前の最初の番号は、導体の数を表します。このケースでは、1つの固体の導体を示しています。スラッシュの後の2番目の数字は、固体の導体の外径を意味します。
外径は、単一の固体導体の全外径を意味します。
米国のワイヤゲージ又はAWGは、固体導体の断面面積を測定する標準システムセットです。AWGのサイズは相対的ではなく、AWGの数値が高いほどワイヤが細くなります。そして数値が低いほど、ワイヤが太くなります。よって、8 AWGのワイヤは、16 AWGワイヤよりも優れた導電性を提供します。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数