型番

サウンドカード

サウンドカードとは?
サウンドカードは、オーディオ出力デバイス、サウンドボード、オーディオカード、オーディオアダプタとも呼ばれます。サウンドカードは、コンピュータ上でサウンドを生成する拡張カード又は集積回路で、スピーカーやヘッドフォンから聞くことができます。コンピュータにサウンドカードは必要ありませんが、拡張スロット形式やマザーボード上などさまざまな形式ですべてのコンピュータに含まれています。
サウンドカードの種類。
マザーボードサウンドカード。
マザーボードサウンドカードは、コンピュータの長方形のハードウェアに組み込まれています。お手持ちのコンピュータに、オーディオジャック、その他の拡張、及びUSBポートがある場合は、マザーボードサウンドチップ又はサウンドカードが搭載されています。
標準的なサウンドカード。
標準的なサウンドカードは、コンピュータ内部のスロットに接続する拡張カードです。標準的なサウンドカードは、コンピュータ内のメインプロセッサにあまり負荷をかけないため、ゲームプレイ時のパフォーマンスが向上します。標準的なサウンドカードには、24ビット録音やマルチチャンネルサラウンドサウンドなどの追加機能があります。標準的なサウンドカードには、独自のプロセッサチップが搭載されています。コンピュータのプロセッサに依存しているマザーボードサウンドチップ。
外付けサウンドアダプタ。
通常は標準的なサウンドカードのすべての機能が含まれているボックスです。USB又はFireWire ポートを使ってコンピュータに接続します。外付けサウンドアダプタ / サウンドカードは汎用的で、別のコンピュータに簡単に移動させることができます。このため、USB又はFireWire拡張スロットを使用するだけでコンピュータのサウンドをアップグレードできます。外付けサウンドアダプタには、音量コントロールノブ、マイク入力など、追加機能や追加入出力が付いていることがあります。
多くのサウンドカードでは、Sound Blaster及びGeneral MIDI規格をサポートしています。
サウンドカードの用途。
音声会議
オーディオ
ディクテーション
教育
ゲーム
マルチメディアプレゼンテーション
音声認識
サウンドカードの接続。
通常、接続はコンピュータ又はラップトップの背面にありますが、使用するデバイスの種類によって異なります。接続は、オーディオポート又はオーディオジャックポートです。接続ポートは色分けされ、シンボルが付いています。
デジタル出力。
ホワイト又はイエロー - 「digital」又は「digital out」の表記
音声入力 / ライン入力。
ブルー - 波紋の中心を指す矢印
マイクロフォン / マイク。
ピンク - マイク / ヘッドフォンのシンボル
音声出力 / ライン出力。
グリーン - 波紋の外側を指す矢印 - 主にスピーカー / ヘッドフォン用の接続。
2番目のサウンド出力コネクタはブラック、3番目はオレンジ
Midi / ジョイスティック。
イエロー – 15ピンコネクタ
FireWire。
デジタルビデオカメラ及び類似デバイス用の高品質サウンドカードに使用

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数