ネットワークハブ・スイッチ

ネットワークスイッチとネットワークハブは、ネットワーク内のさまざまなデバイスに対応する共通の接続ポイントです。これにより、コンピュータを他のコンピュータ、インターネットデバイス、又はネットワークに接続できるようになります。ネットワークスイッチは、オフィス、学校、家庭で一般的に使用されています。この装置は、イーサネットケーブルなどを挿入する「ポート」と呼ばれる複数のコネクタを備えています。イーサネットポートは、データ信号を転送するだけでなく、スイッチに接続されたCCTVカメラやルータなどのパワーアップ(PoE)デバイスや他のすべてのデバイス間でインターネットを共有できるネットワーク接続の一種です。シンプルなデバイスでは最大4台又は6台のデバイスを接続できますが、高価なモデルでは48個以上のイーサネットポートを使用して、ネットワークデバイスを接続することができます。

どのような種類のデバイスをスイッチに接続できますか?

  • デスクトップコンピュータ
  • プリンタ
  • サーバー
  • ゲーム機
  • HDドライブステーション
  • スマートTV
  • ラップトップ
  • ルータ

ネットワークスイッチとハブの違いは何ですか?

ハブもスイッチも外観は同じですが、動作は多少異なります。ハブはよりシンプルなデバイスで、すべてのネットワークデバイスにすべての情報をブロードキャストします。必要な分析処理が少ないため、高速で通信することができます。スイッチは、送信元と受信先を分析するので、所要時間は長くなる場合がありますが、ハブで発生する可能性があるトラフィックの輻輳を排除します。ハブは小規模のオフィスや家庭環境に最適で、スイッチは、より高度なネットワーク機器を必要とする小規模から大規模の企業に適しています。

市場で入手できるスイッチの種類は?

  • マネージド – 最もカスタマイズ可能なネットワークデバイスです。マネージドスイッチにより、ネットワークの構成とデータ転送を制御できます。使いやすいユーザーインターフェースを備えています。
  • アンマネージド – 最も簡単で、最もシンプルなネットワークスイッチのタイプです。名前が示すように、ユーザーが制御する必要はありません。これは、プラグアンドプレイデバイスのようなものです。一般的に、小規模なオフィスやネットワーク制御がそれほど重要ではない家庭で使用されます。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

選択した条件に当てはまる商品がありません。条件を変更してください。