型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

DVD-R

DVD (デジタル多用途ディスク)は、ビデオ、オーディオ、マルチメディアファイルなどのさまざまなデータを保存するために設計されたコンパクトディスクです。ブランクDVDはブランクCDに似ていますが、容量が大きく、標準CDの13倍の情報を保存できます。RとRWの違いは、DVD-Rがライトワンス型の記録ディスクであるのに対して、DVD-RWは書き換え可能なディスクです。通常、ブランクDVDのパックはスピンドルケースやジュエルケース入りで販売されます。

違いは何ですか?

DVD-R及びDVD+Rは、どちらも直径120 mm、厚さ1.2 mmです。DVD-RとDVD+Rの違いは、主にフォーマットの方法にあります。DVDレコーダ内に存在するレーザーは、それぞれ異なる技術を使用して、ディスク上のデータ位置を特定します。DVD-Rではグルーブ(溝)にマークがありますが、DVD+Rでは、ウォブルの蛇行周波数を測定します。

DVD-RAM (ランダムアクセスメモリ)は、大量のデータを長期間損傷なしに保存できるためデータのアーカイブ保存に使用されます。また、DVD-RAMは、書き換え可能ディスクよりも書き込み可能な回数が増えています。

DVDに何かを書き込む前にフォーマットが必要です。ディスクをフォーマットすると、他のデバイスとの互換性が決まります。通常は2種類のオプションがあります。DVDプレーヤーのようなさまざまな外部デバイスで使用できるようにするマスタ形式と、DVDをWindowsオペレーティングシステムでしか使用できないようにするライブファイルシステム形式です。

DVDの一般的な記録容量は次のとおりです。

· 4.7 GB (片面1層)

· 9.4 GB (両面1層)

· 8.5 GB (片面2層)

· 17.1 GB (両面2層)

DVDの書き込み速度は、ディスクに転送されるデータの種類と量によって変わります。書き込み速度とは、ハードドライブからDVDにどのくらい速くデータを書き込めるかということです。DVDビデオプレーヤーのリアルタイム録画と同じではありません。一部のDVDでは、最大24倍速までの速度をサポートしていますが、書き込み速度が速いほど、速くディスクを焼けますが、品質は低下する可能性があります。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数