型番

トナー

トナーカートリッジは、レーザープリンタの消耗部品です。カートリッジ内のトナーは、インクのようなものですが、プラスチック粒子、黒鉛、顔料の混合物でできている点が異なります。これらが一体となって、画像を生み出します。
トナー自体は、感光体ドラムユニットを使用して用紙に転写されます。トナー混合体がドラム内の加熱されたローラーに付着し、用紙に定着します。プリンタは、カートリッジ / ドラムが結合されたユニットを備えているものもあれば、個別のコンポーネントを備えているものもあります。トナーカートリッジは、インクジェットプリンタで使用されているインクジェットカートリッジに似ています。
プリンタのトナーカートリッジの寿命はさまざまですが、ローレンジからミッドレンジまでのレーザープリンタに搭載されているドラムユニットの標準寿命は40,000ページで、トナーカートリッジの標準寿命は2,000ページです。
トナーカートリッジは高価な場合があるので、トナー補充キットが用意されていて、ユーザーはこれを使用して空のカートリッジを補充できます。
レーザープリンタにチップ付きカートリッジが取り付けられている場合は、トナーの残量が少なくなったタイミングをスマートチップが認識し、この情報をプリンタに送信します。カートリッジを補充する場合は、リセッターと呼ばれる簡単なプラスチック工具を使用して、チップをリセットする必要があります。
トナーカートリッジはリサイクルできます。一部の店舗には、報酬を得ることができるリサイクル設備があります。トナーとインクカートリッジは、2~3回まで補充でき、無駄を減らすことができます。空になっていないトナーカートリッジは、有害廃棄物と見なされるため、適切に廃棄する必要があります。
相手先ブランド名製造(OEM)カートリッジは、メーカーによって供給され、トナーとドラムの品質に関する保証を提供しています。
互換カートリッジは、サードパーティのプリンタカートリッジ会社によって製造され、他のブランド名で販売されています。互換カートリッジは、設計においてOEMカートリッジと異なることが多々ありますが、互換性のある同等になるように設計されています。OEMカートリッジには、Epson、Lexmark、Samsung、Pantum、HP LaserJetなどブランドが含まれます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
2
/
0
1ページの商品数
ページ
2
/
0
1ページの商品数