コネクタリテーナ ・ ラッチ

コネクタリテーナは、不完全な端子の挿入を検知するための部品です。コネクタやハウジングに端子やターミナルを差し込む際、奥までしっかりと刺さっていない状態では、リテーナは装着できません。

特長

  • リテーナはターミナルが半挿しの状態では装着できない機構になっています。
  • コネクタから端子を抜く場合は、まずリテーナを外してから端子を抜く必要があります。
  • リテーナはコネクタハウジングにあらかじめ組み付けられているため、作業性が高くなります。

ラッチは、シリアルATA(SATA)などのケーブルのコネクタに用いられ、脱落防止のため備えられている留め金です。留め金を操作することで挿抜を行うことができるロック機構です。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

1 件中 1 - 1 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) アクセサリタイプ 併用可能製品 極数 シリーズ シリーズ番号
RS品番 160-1058
メーカー型番09020009902
メーカーHARTING
¥163.00
購入単位は1個
レバー - - - -