型番

テレコムコネクタ

テレコムコネクタは、データの伝送及び電話サービスに使用されるテレコムケーブルの端部で見られます。ほとんどの家庭及びオフィスで見られるテレコムコネクタは、レジスタードジャック(RJ)コネクタです。光ファイバ技術の成長によって、光ファイバコネクタも選択肢の1つになりました。


レジスタードジャックテレコムコネクタ

ほとんどのテレコムコネクタは、電話システムに対応したコネクタを容易に見つけられるように標準化されています。最も一般的なタイプのコネクタはレジスタードジャックです。ソケットに挿入するとクリップで留まる角形の端部があります。


ただし、RJテレコムコネクタにはいくつかのバリエーションがあります。RJ11コネクタは、家庭用電話で最も一般的に使用されているタイプです。RJ12コネクタは通常、システム電話で使用され、RJ14接続は電話線が2本あるシステムで使用されます。


光ファイバテレコムコネクタ

光ファイバテレコムケーブルは、テレコムの世界ではまだ新しく、帯域幅が大きいため多くの電話キャリアで使用されています。標準RJコネクタは、これらのケーブルに対応しておらず、専用光ファイバ接続しか使用できません。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数