基板用コネクタ

プリント回路基板コネクタ(多くの場合、「PCBコネクタ」と短縮されます)は、PCB上で回路のセクションを結合するハウジングとコンタクトで構成される電気コネクタの一種です。PCBは、電子部品用の導電トラックがプリントされる基板です。

PCBコネクタのタイプ

特定の用途に合わせて最適に設計された、さまざまなPCBコネクタとアクセサリがあります。具体的には、例えば次のようなものがあります。

  • バックプレーンコネクタ: 汎用性とモジュール性が高いため、主にコンピュータシステムの設計に使用されます。このコネクタは、異なるPCBを接続するために使用される支持装置です。そのカードは簡単に交換できるため、通信業界で非常によく使用されています。
  • LVDSコネクタ: 低電圧差動信号コネクタとも呼ばれ、その用途には主に、すべての種類のモニタが含まれます。その利点の1つは、銅ケーブルにより、低電力動作でも高速な接続が可能なことです。
  • 基板接続用ソケット: 基板接続用ヘッダと対になり、ケーブル配線なしで2枚の基板を接続する場合に、組み立ての簡素化を保証するために使用されます。
  • RITSコネクタ: Remote Input/Output Terminal System (リモート入出力終端システム)の略語です。このコネクタは、用途を示すために色分けされており、準備でワイヤをストリッピングせずに(他のタイプのPCBコネクタではストリッピングが必須)、かん合処理を容易にするロックレバーを備えています。

PCBコネクタのクリーニング方法

PCBコネクタと電子機器全般が正常に機能するには、クリーニングがメンテナンスで不可欠な作業です。特に、毎日使用しないと、コネクタは汚れが蓄積し、最終的に腐食して使用できなくなります。クリーニング手順をたまに実行することで、電力損失を回避し、良好なコンタクトを維持できますが、回路に接触する部品を損傷しないようにするには、どのような用品が適切であるかにも注意する必要があります。

  • イソプロピルアルコールは、腐食を除去するのに最適なように見えますが、コネクタで使用するには、可燃性の化合物であるため、特に注意が必要です。
  • 迅速なソリューションで代表的なものは、クリーニングスクラブブロックとも呼ばれるPCBエッジイレーザーを使用することです。このイレーザーは基本的に、テクスチャの粗いシンプルなイレーザーです。標準的なイレーザーよりも効率的で研磨性が高いため、汚れや錆の除去に使用するときは、コネクタのどの部分も損傷しないよう、かなり穏やかに当てる必要があります。
  • 端子が特別に小さく、より高い精度が必要な場合は、ブラシ(基板クリーニングブラシなど)を使用すると便利な場合があります。