DINレール・端子台

端子台(別名ターミナルストリップ)は電気コネクタの一種で、その構造により、複数の回路を別の回路に接続できます。複数接続は、異なるコンポーネント間で配電を行う2つ以上の金属ストリング(通常は銅製又はアルミ製)で実現されます。

端子台の用途

端子台はワイヤを終端し、ワイヤを長いストリップに配置して主電源に配線接続するために使用されます。これらの機能により、非常に柔軟なタイプの電気コネクタとなるため、幅広い用途に対応できます。実際に、自動車、鉄道、プロセスエンジニアリングなどの業界にとどまらず、スピーカーやヘッドホンなどの家電製品にも簡単に拡張できます。

端子台の種類

端子台のカテゴリには、次のようなものを含むいくつかのタイプがあります。

その他に、フィンガーセーフ端子台もあります。その名前が示すように、特に利用者に優しい特性のバネを備えています。

DIN端子とは

産業機器で最も使用されている端子台の1つは、DIN端子です。この端子はDINレールに使用されます。DINレールは、機器ラック又はエンクロージャ内に制御機器を取り付けるための金属構造です。DINとは、Deutsches Institut fur Normung (ドイツ規格協会)を表す略語で、1970年代から技術標準化の公式シンボルとなっており、現在はオートメーション業界で、35 mm DINレールに搭載される機器を示すために使用されています。

端子台とDINレール端子はどこで購入できますか?

当社では、端子台及びDINレールの供給元として、以下に示すような信頼性の高いブランドを扱っています。

  • RS Pro
  • WAGO
  • Entrelec
  • ABB
  • Weidmuller
他にも世界各国の多くのブランドがあります。