D-subコネクタ : リード付き

D-subコネクタは、D形状の金属シェルに囲まれた2列或いは、それ以上のコンタクトが平行列で埋め込まれた構造になっているコネクタです。このD字形金属シェルが名前の由来になっています。

D-subコネクタの種類

D-subコネクタは、「形状」(シェルサイズ) と「ピンの密度」と「端子数(極数)」によって分類されます。1文字目がDサブコネクタを表し、2文字目がシェルサイズ (A=15 pin, B=25 pin, C=37 pin, D=50 pin, E=9 pin)、続く数字がピン数を表すという命名法が広く用いられています。例えば、9ピンサイズにあたるシェルサイズEに15ピンを配列したものはDE15と呼ばれます。オスとメスの区別も明記する場合は、最後にMでオス、Fでメスとします。

D-subコネクタの用途

D-subコネクタは様々な電子機器に使われます。プリンタ、コンピュータや電源ユニットなどの異なる製品間の接続のために使われています。D-subコネクタのピン数はシリアル・パラレル等の通信方式や用途によって異なります。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

選択した条件に当てはまる商品がありません。条件を変更してください。