型番

D-subコネクタ

D-Sub又はD-Subミニチュアコネクタは、一般的なタイプの電気コンポーネントで、主にコンピューティングで基板上に接続を形成するために使用されます。この名称は、特徴的なD字型の金属シールドに由来します。 D-Subコネクタには、圧着D-Subからスプリング端子D-Sub まで、さまざまな接続タイプがあります。


RSが提供しているD-Subコネクタの種類は?


  • 基板(PCB) D-Sub コネクタ: コネクタを基板に取り付けやすくするためのはんだ付けポイントを備えた特別設計のD-Subです。
  • 圧着D-Subコネクタ: 1つの受容コネクタに複数のワイヤを取り付ける場合に役立ちます。また、標準ワイヤ受容コネクタに太いケーブルを接続するときにも役立ちます。
  • IDC (圧接コンタクト) D-Subコネクタ: 絶縁ケーブル(ほとんどはリボンケーブル)の導体に接続する設計になっています。 リボンケーブルは、同じ平面上に数多くの導線が平行に配線されているケーブルです。
  • リード付きD-Subコネクタ: ワイヤ / リード付きのコネクタです。 購入後すぐに基板に接続できます。
  • ねじ端子D-Subコネクタ: 主に屋内配線で配電に使用されます。 たとえば、 電気スイッチを主電源に接続するときや、 オーブンなどの大型電化製品の接続に使用されます。
  • はんだD-Subコネクタ: その名が示すように、 はんだD-Subコネクタは、はんだとはんだごてを使用して回路に接続するように設計されています。
  • スプリング端子D-Subコネクタ: 被覆を剥いた個々のワイヤやケーブルをスプリングで押し付けて電気接続を確立します。
  • ワイヤラップD-Subコネクタ: コネクタのワイヤポストの周りに巻き付けられたワイヤを使用して基板(PCB)に接続します。
  • D-Subコネクタキット: 次のようなコンポーネントが含まれます。コネクタ: 通常、ねじを受けるナットが付いており、コンポーネント同士をロックして、機械的なストレインリリーフを実現するために使用します。フード : コネクタの外側シェル / ケースで、 通常、亜鉛のような硬くて耐久性のある金属でできています。ねじとインサート: 部品同士を固定します。

積載

絞り込み
並び替え
ページ
91
/
0
ページ
91
/
0