D-subコネクタ : はんだ端子

はんだ端子のD-subコネクタは、名前の通り、はんだを使用してシステム回路をD-subコネクタ内のコンタクトに接続するよう設計されています。このタイプのD-subコネクタはプリンタとコンピュータ間など、異なる2つのデバイス間の電源およびポイント・ツー・ポイント通信を提供するために広く使用されています。このほか接続に使用できるデバイスにはスキャナ、リモートセンサ、データロガ、産業用及び医療機器、及びポータブル発電機などがあります。

はんだ方式のD-subコネクタの取り付けには主に次のようなオプションがあります。

  • ケーブルマウント: はんだカップ端子及びケーブルマウント用の取り付けフランジがあるコネクタ
  • パネルマウント:基板内のパネルに接続するタイプ
  • 基板(PCB)マウント:終端にはんだバケットまたは直線/直角のはんだピンがあり、基板に容易に取り付けられる設計

    ...
    もっと読む 詳細の非表示

    絞り込み

    選択した条件に当てはまる商品がありません。条件を変更してください。