型番

圧着ピン端子

ピン型圧着端子は、被覆を剥いたワイヤを端子に挿入してより線を終端処理する、はんだ付け不要の電気接続です。圧着側には、1本のピンがあり、他のピンと併せて接続したり、個別に適切なレセプタクルに挿入したりできます。


ピン型圧着端子は、どのような用途に使用されますか?


ピン型圧着端子は、耐久性と柔軟性に優れているため、産業用途や軍事用途で最も一般的に使用されています。自動車業界では、はんだ付けが不要であるという理由でピン型圧着端子がよく使用されます。ピン型圧着端子は、確実な接続をすばやく再現できるため、 大量生産でも使用されています。


ピン型圧着端子の種類


最も一般的なピン型圧着端子の種類は、次のとおりです。


バレルコネクタには、円筒状の金属製開口部があり、ここにワイヤを挿入して圧着します。


• オープンバレルコネクタでは、 U字又はV字形の部分にワイヤを挟みます。


• オープンバレルピン型圧着端子は、バレル端子の狭い開口部に、より線を通す必要がないため、自動化に向いています。



ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数