ディスプレイ・オプトエレクトロニクス

光電子機器とは、電子技術と光技術の両方を組み合わせた装置です。光電子は、PCB(プリント回路基板)にある微小コンポーネントで、特定の波長の光を放出 / 検知します。光電子機器は、設計段階と製造工程の両方で技術者や愛好家によって使用されます。

光電子機器の種類:

  • LED(発光ダイオード) - 照明 / インジケータ用
  • レーザーモジュール - アライメント / 物体検出用
  • 光ファイバ - 通信 / データ転送用
  • 光検出器 - セキュリティシステム用
  • 周辺光ライトセンサ - 画面の明るさ調整用

光電子工学では、可視光線だけでなくIR (赤外線)やUV (紫外線)などの不可視光線も使用します。光電子機器は、一般照明(電球やランプ)、家庭用機器、自動車、インジケータ、通信機器、アライメントなどの多くの用途で使用されています。また、ベゼル、ライトパイプ、反射板、コントローラ、ドライバなど、電子機器を補完するアクセサリも多数あります。

ディスプレイには、コンピュータなどのデバイスからの視覚的な出力が提供され、データ、グラフィック、その他の情報が表示されます。ディスプレイは、情報を表示する装置に組み込まれていることが多く、HMI(ヒューマンマシンインターフェース)としてタッチテクノロジが採用されるようになってきました。LEDなどの光電子装置は、ディスプレイ構造内に組み込まれています。

ディスプレイは画像や基本テキストを表示し、モノクロ又はカラーバリエーションがあります。

ディスプレイ技術の種類:

  • LED (発光ダイオード)
  • LCD (液晶ディスプレイ)
  • OLED (有機発光ダイオード)
  • VFD (蛍光表示管)

ディスプレイは、タブレットPC、自動販売機、大型産業用機器などのデバイスに視覚的な補助機能を追加するために使用されます。その他の用途には、工場用機械、医療用機器、スコアボード、小売用ディスプレイ、展示、道路標識などがあります。ディスプレイに使用するアクセサリ群には、コントローラ、ドライバ、ケーブル、ベゼルなどがあります。