型番
タッチスクリーン

タッチスクリーンセンサ

タッチスクリーンセンサは、タッチスクリーンセンサの一部で、ディスプレイ画面からの入力を適切な出力アクションに変換します。タッチスクリーンセンサは、電気的な仮想ディスプレイの最上位に位置し、表示された情報を直接する処理することができます。一部のタッチスクリーンでは、スタイラスなどの特殊な装置が必要になりますが、ほとんどの場合は指で操作できます。


タッチスクリーンセンサの用途

タッチスクリーンセンサは、モバイル技術、ゲーム、PoSシステム、産業用のその他の用途で使用されています。


タッチスクリーンセンサの種類

抵抗膜タッチスクリーンセンサは、2層の素材を使用して画面の抵抗変化を測定し、電子信号に変換します。これらは、産業用モニタモニタと一緒に使用されます。たとえば、手袋をしたたま操作できます。


静電容量方式タッチスクリーンセンサは、導電性素材で覆われたガラスで構成されています。タッチすると、画面の静電場が分散し、入力として解釈されます。静電容量方式タッチスクリーンは非常に頑丈で、わずかな圧力で反応します。

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0