型番

インジケータランプ

インジケーターランプは温度・速度・圧力などの状態を表示するために使われています。パネルインジケータとも呼ばれます。インジケータランプは通常、信号状態パネルに取りつけるか、装置の不具合時の状態表示灯として使用されています。


インジケータランプの種類


  • LEDインジケータライト : 発光体にLEDを使用、小型でライフサイクルが長く、エネルギー効率が高い。
  • 白熱灯: 発光体のフィラメントに電流が流れて光を放射し、同時に発熱する。安価だがエネルギー効率は高くない。
  • ハロゲンインジケータライト : ハロゲンライトは白熱灯より明るい光を発光できるため、警告灯に適している。
  • 蛍光灯インジケータライト : 白熱電球よりも長持ちし、エネルギー効率に優れてる。

RSコンポーネンツでは、インジケータランプ及びインジケータレンズなどの製品に加え、ランプホルダーなどのアクセサリも用意しています。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数