LED・アクセサリ

当社では、LED及びLEDアクセサリを幅広く取り扱っています。寒色、暖色、ニュートラルホワイトなどあらゆる可視光色のLEDや高輝度LEDを取り揃えています。RS Pro、OSRAM Opto Semiconductors、Avago、Lumileds、日亜、Bivar、CREE、Lite-onなど、主要なブランド製品を取り揃えています。

ここでは、当社が提供する主なLEDを紹介します。

  • 赤外線LED: 赤外線発光ダイオードは、赤外線スペクトルで光を放射するソリッドステート光です。これは、安価で効率的に赤外光を生成するツールです。リモコンや赤外線カメラなど、多くの電気機器で使用されています。赤外線LEDは、機械間(M2M)通信に使用されることが増えてきました。単純に言えば、赤外線LEDは標準(可視光) LEDと同じです。
  • LEDライトパイプ: 回路基板に取り付けられているLEDから、LEDライトを提示する必要がある場所に光を伝達するために使用します。LEDライトパイプは非常に有用で、LED自体を動かさずに、LEDライトの位置を変更できます。ほとんどのLEDライトパイプはパネル取り付け型か圧入型なので、取り付けが容易です。LEDライトパイプには、堅牢な垂直型、柔軟型、及びリッジ付き直角型の主に3つのタイプがあります。
  • 紫外線LED: 紫外線LEDは、人間の目に青みがかった紫色として見える紫外線スペクトルの光を放射します。紫外線LEDは波長の違いにより、3種類に分類できます。
    UV-A - この型のLEDは1990年代以降、主に、運転免許証、通貨、書類などの文書の偽造検出及び検証に使用されています。
    UV-B - 主にUV硬化、生物医学、DNA、その他の検出分析の分野で使用されています。
    UV-C - この分野は依然として開発途上で、主に空気や水の浄化に使用されます。通常、最も高価なタイプのUV LEDです。
  • 可視光LED: 電子の動きにより電気を直接光に変換する半導体の一種。他のダイオードと同様に、電流は片方向にしか流れません。陰極はケースの平らな側で示され、陽極はやや長い脚を持っています。ほとんどのLEDはひ化りん化ガリウムから製造されています。表面実装又は固定穴を通して取り付けることができます。

LEDの色は、使用されている素材に応じて変化します。そのため、さまざまな色があり、複数の色(2色、3色、RGB赤 / 青 / 緑)間で切り替えることもできます。