型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

LED 紫

LEDとは

LEDは発光ダイオードと呼ばれ、一方向に電圧を加えたときに発光する半導素子です。LEDの発光色は赤から紫まで幅広く分布していますが、波長はおよそ360nm~830nmの間といわれています。

LEDの発光の原理

LEDは、p型半導体(ホールが多い半導体)とn型半導体(電子が多い半導体)を接合したp-n接合が作られています。この半導体に順方向の電圧を加えると、電子とホールが移動して接合部で再結合し、この再結合エネルギーが光になって放出されます。

LED光の色の違いはなぜ

LEDはGa、N、 In、Al、P、などの半導体材料を合成して作られます。色の変化はそれぞれに適合した化合半導体が使用されており、よく使われるのはGaN、GaP、GaAsPです。これらの元素の混合比によって波長を調整することで目的の色が発光されます。

LEDの種類

LEDにはランプ型(リードタイプ)とチップ型(面実装タイプ)という2つの形があるので、用途に応じて使い分けが可能です。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数