型番

デジタルアイソレータ

デジタルアイソレータは、2つの機器間を絶縁した状態でデジタル信号を伝送するデバイスです。デジタルアイソレータは、サイズ、速度、消費電力、使いやすさ、信頼性などに優れており、産業機器、医療機器、車載機器などの様々な装置に利用されています。

デジタルアイソレータの絶縁方式

デジタルアイソレータには「磁気絶縁方式」と「容量絶縁方式」の2つの絶縁方式があります。

  • 磁気絶縁方式 ‐ 送信側・受信側の両方に絶縁されたコイルを用いて、電気信号と磁気エネルギーの変換を行います。
  • 容量絶縁方式 ‐ コンデンサを用いたデジタルアイソレータです。電気信号を送り、受け側ではコンデンサの充電・放電という形に変換する方式です。

どちらの方式も長寿命、高速で使用することができるという利点があり、以前までのアイソレータ(フォトカプラ)と比べて優れた性能を持っています。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数