型番

フォトトランジスタ

フォトトランジスタは、フォトダイオードとトランジスタを一体化した構造となっており、フォトダイオードの出力電流(光電流)をトランジスタで増幅して出力する素子です。フォトトランジスタの感度はフォトダイオードよりも高く、光信号を電気信号に変換するトランジスタや光検出器によく使われます。


フォトトランジスタはどのように機能しますか?


本器は、赤外線、可視光線、紫外線などの光を感知すると、受け取った光と強度のレベルに応じて、エミッタとコレクタの間の電流を変化させます。


特長


  • 小型

  • 高感度

  • 長寿命

  • リフロー面実装をサポート

  • 優れた電磁ノイズ耐性

  • 大きな光電流が得られる

用途


フォトトランジスタは、フォトインタラプタ、産業用電子機器、人検知機器、デジタルフォトフレーム デスクトップPCなど様なデバイスやアプリケーションで使用できます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数
人気検索キーワード