型番

フォトセンサ : 反射型

イメージセンサは、物体を通過又は反射する光波や電磁波を、画像情報に変換するデバイスです。このデバイスは、主に写真や映像撮影業界で、 デジタルカメラ、 医療用画像処理機器、 暗視カメラ、 サーモグラフィ機器、 レーダー、 ソナーなどの製造に使用されます。イメージセンサは、多数の小型感光性セルで形成されています。これらのセルが光を捕らえて 色を認識し、それをデジタル信号に変換します。市販されているセンサには、主に、CCDセンサ及びCMOSセンサという2種類があります。

CCD

このセンサでは、感光性セルはすべてアナログデバイスです。チップに光が当たると、各フォトセルに小さな電荷として保持されます。(1つ以上の)出力アンプに最も近いピクセルラインの電荷が増幅されて出力され、 ピクセルの各ラインは、その電荷をアンプに1ライン近づけて、 アンプに最も近い空のラインを満たします。このプロセスは、ピクセルのすべてのラインの電荷が増幅されて出力されるまで繰り返されます。

CMOS

CMOSセンサは、形成方法がCCDセンサとは異なります。CCDのアンプは数が少ないのに対し、CMOSイメージセンサでは、ピクセルごとにアンプが1つあります。このため、CCDよりも光子を捕捉する領域が少なくなりますが、 各フォトダイオードの前にマイクロレンズを配置することでこの問題が克服され、 他の方法ではアンプにぶつかって検出されないフォトダイオードに光が集中します。CMOSセンサは、より少ないコンポーネントで実装できる可能性があり、 消費電力が少なく、 CCDセンサより高速の読み取りが可能です。また、静電気放電の影響を受けにくくなっています。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数