型番

配線部品

ラックケーブル管理は、サーバーラックキャビネット内でネットワークケーブルを管理して整理する製品シリーズです。

ケーブル管理が必要な理由

19 インチラックアクセサリは、ケーブルが外れたり、サーバーから引き抜かれたりするのを防ぎ、ネットワークの完全性を保護します。 ケーブルがつまずきの危険性があります。 ケーブルを整理することで、ラックサーバーをすばやく簡単に変更し、 また既存のハードウェアまたは新しいハードウェアを保守します。 ケーブルを取り外さなければならないような状態や、絡まったケーブルをほどかする必要はありません。 ケーブル管理の重要な部分は、すべてのケーブルとケーブル装置にラベルを付けることです。

代表的なソリューション

ケーブルオーガナイザ

ケーブルオーガナイザは、 ケーブルマネージャと呼ばれることや、 ケーブルキャリアまたはケーブルタイディーと呼ばれることがあり、水平にも垂直にも使用できます。 ケーブルを束ねて配線するのに役立ちます。 これにより、ケーブルに簡単にアクセスでき、バンドル内のケーブルを簡単に識別できます。 多くのケーブルダイには、ケーブルを通すことができるリングがあります。 ケーブルの整理に役立ちます。 リングはプラスチック製か、 金属製又はマジックテープ式です。ケーブル管理を使用すると、ケーブルを一層保護し、 歪みを防止し、ネットワークケーブルの寿命を延長します。

ケーブルトレイ

ケーブルトレイにケーブルを載せて、サーバーキャビネットの周りに配線できます。 ケーブル管理のようにリングやループが発生することはほとんどありません。 ただし、一般的には、過熱を防止するための空隙や通気孔があります。

ケーブルエントリパネル

ケーブルエントリパネルは、ケーブルエントリシールまたはブラシストリップシールとも呼ばれ、ネットワークハードウェアに対する保護を追加する方法です。 ケーブルはパネルの開口部に通し、ケーブルを使用してデータキャビネットに埃やごみが侵入するのを防ぎます。 このブラシには汚染物質を除去するブラシが含まれ、 サーバキャビネットへの侵入を防止します。 キーを使用しないと開けない内部ラッチ付きのものもあります。 ケーブルエントリシールを使用する場合は、 密閉キャビネットの完全性は損なわれません。

ケーブル管理アーム

ケーブル管理アームは、サーバーキャビネット内のラックに取り付けることができ、ケーブルを抜いたり、撤去したりせずに、 19 インチラックから稼働中の機器を引き出すのに十分なケーブルたるみを持たせることができます。 ケーブル管理アームを使用すると、ケーブルにかかる応力を解消でき、 製品寿命を延長させることができます。 通常はヒンジ付きまたはベント型で、さまざまなラックに柔軟に対応します。 一部の製品は角穴ラックまたは丸穴ラックと互換性があり、 両方のタイプに適合するモデルもあります。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数