19インチラック

当社では、19インチラックから、サブラック、輸送用ケース、壁面取り付け型 / 自立型システム用の伸縮式サイドまで、電子機器やネットワーキング機器の設置及び保管用のサーバーラックを幅広く取り揃えています。

19インチラックとは何ですか?

19インチラックは、サーバールームやデータセンターで一般的に使用される、コンピューターネットワーキングやデータ機器インフラストラクチャを収容するエンクロージャ又はマウントです。ラックを使用すると、ハードウェアやネットワーク機器の設置に必要なフロアスペースやシェルフ設備を最小限にできます。

19インチという用語は、ラックに収容していたボックスのフロントパネルの幅が19インチであった伝統に由来します。高さの単位は1ラックユニット(U)で、1.752 インチ又は44.50 mmの倍数単位で標準化されています。IT業界では、標準的なラック構造の高さは42Uです。

ラックに収容できるように設計されたコンピューター機器は、ラックマウント、ラックマウント可能、サブラック、ラックマウントシステム、サーバーラック、ラックマウントシャーシなどの用語で呼ばれます。

サーバーラックとキャビネットのタイプ

最も一般的なタイプは次のとおりです。

  • 床設置型データキャビネット - 通常ケーブル管理用の装備が充実しており、さまざまなケーブルエントリポイントがあります。高さは12U~47Uで、多数のパッシブデバイスとRJ45パッチパネルが必要なときに使用します。
  • パッチキャビネット - 一般的に小さめで、必要なスペースが小さく、高さは4U~8Uです。スモールオフィスでの使用に最適です。1~2枚のパッチパネルを収容するために使用します。
  • 壁面取り付けキャビネット - 高さ6Uから21Uまでさまざまなサイズがあり、教室 / スモールオフィスや小売店での使用に適しています。

サーバーラックに使用可能なアクセサリ

次のようなさまざまな用途に使用できるラックアクセサリが用意されています。

  • スライドサポートアクセサリ - 19インチラックをキャビネットに簡単に設置できるようにするDINレールクリップ、スライドレール、カードガイド
  • 構造サポートアクセサリ - サポートを強化するクランプ、アースバー、トレイ
  • 固定アクセサリ - ねじ、タイバー、プレート、取り付けブラケットなど
  • 冷却アクセサリ - エアフローを促進し、過熱のリスクを軽減するベントグリル、メッシュパネル、ファン拡張キット、換気カバーなど
  • 整理 - 識別ストリップ及びスタッキングキット
  • キャビネットの追加部品 - ハンドル、ラックシェルフ、キャスター、サイドプレート、ロック、脚、ドアなど、キャビネットをカスタマイズするための追加アクセサリ