型番

カーボンファイバーシート

カーボンファイバシートは、シート状の強化複合材で、卓越した機械的特性を備えています。

カーボンファイバシートの素材

複合材は、強化繊維とエポキシ樹脂などの樹脂マトリックス系の結合によって生成されます。このような繊維と樹脂の結合は、どちらの素材単体よりも優れた特性を示し、比較的重い金属素材の代替品として使用されることが増えています。

複合材では、 繊維がほとんどの荷重を支え、複合材の特性に大きく貢献します。樹脂は、繊維間の荷重の伝達に役立ち、 座屈を防止し、材料を結合します。このプロセスで、一方の側が滑らかな光沢のある樹脂で、反対側が生地の織りの細部を示す粗い面になっているシートが生成されます。

炭素繊維は、ポリアクリロニトリルなどのポリマー繊維でできています。初期の繊維素材が約1000 °Cに加熱され、水素が放出されると、2次元の炭素-炭素結晶(グラファイト)が形成されます。炭素‐炭素鎖が強固な分子結合を形成し、繊維の強度が高まります。

カーボンファイバシートの用途

カーボンファイバシートは頑丈で 硬く、 軽量です。軽量で優れた性能が重要な、 航空機、 自動車産業 及び鉄道の構成部品、高品質の民生機器などに最適です。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数