型番

金属製アングル

金属製アングル (別名アングル材)は、 通常、L字型で両側とも同じサイズの場合が多く、さまざまな長さで販売されています。商業用途とDIY用途の両方で使用されている 金属製アングルは、窓やドアの構造内、 製造、 フェンスや金物類の他に、 さまざまな構造、 用途など、広範囲にわたる産業で見られます。多くの産業用途の他にも、 金属製アングルは、作業台の損傷を防いで作業台を保護するために作業台の縁取り、 骨組みやフローリングの周囲の隙間を隠すためのトリムなど、自宅内や自宅周辺でのさまざまなDIY用途で使用されています。

通常、金属製アングルは未処理の状態で提供されますが、 塗装、 粉体塗装、 黒化処理、陽極酸化処理などのさまざまなプロセスで仕上げられます。陽極酸化アルミは、保護コーティングになるほか、審美性や実用性の面で活気や特色が生まれます。粉体塗装が施されたアングルは、時間の経過に伴う錆から金属を保護するための保護層、場合によっては装飾層にもなります。

金属製アングルの種類

アルミ製アングル - アルミは、ハンドソー、又はバンド / レシプロソーなどの電動のこで簡単に切断できます。アングルはドリル加工も簡単なため、さまざまな通し固定具を使用して製造する際に使いやすく、溶接にも適しています。

スチール製アングル - スチール製アングルはより頑丈なソリューションで、通常は、より負荷の高い用途に使用されます。強度を高めているため、重量は増えますが、構造、 支持、ブラケットをはるかに大規模に構成できます。スチールは、元々硬い材料なので切断が困難ですが、手作業での切断や、穴あけできる機械での切断は可能です。通常は、切削油により、使用中の材料、 ブレード、ドリルビットの過熱を抑えることができます。

ステンレススチール製アングル - ステンレス製アングルは、通常の軟鋼アングルと基本特性が同じですが、材料自体のクロム含有量が高くなっています。この添加物により、材料に保護層が形成され、腐食や汚れから保護されます。 ですが、 炭素含有量が少ないため、軟鋼よりも若干弱い材料になっています。つまり、硬度が軟鋼よりもわずかに低くなっています。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数
人気検索キーワード