検索キーワード履歴

    プレカットシム

    プレカットシムは、オブジェクトとサーフェスの間の開口部又は小さな隙間を充填するために使用される、細くて先細のコンポーネントです。


    プレカットシムはまた、サポート、調整、及びレベリングの特性を備えたスペーサー工具としても利用されています。このシムは金属、スチール、木材、石、又はプラスチック製があります。

    プレカットシムの用途は?

    プレカットシムは、多くの産業で利用されています。自動車産業では、2つの部品間の隙間空間を増減する方法としてバケツタペットの下に挿入されます。精密金属シムは、製造及び生産組立で溶接器具に使用されています。


    木材産業では、芯合わせの改善のために、大きな木材の間にプレシートシム又はウェッジが挿入されています。プレカットシムは、CPU (央処理装置)を熱から保護するために、プリント基板上でも使用されます。プレカットシムは、製鋼所、製油所、化学プラント、製紙工場などの回転機械のシャフトの芯合わせにも有効です。

    プレカットシムの種類

    プレカットシムは、各種形状、サイズ、材料及び厚さが用意されています。プレカットシムは参照しやすいように、ボルトのサイズ、スロットのサイズ、及びシムの寸法によって分類されています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数