検索キーワード履歴

    ESD手袋

    静電放電(ESD)に弱い、 基板 (プリント回路基板)やバックプレーン / マザーボード などのコンポーネントを安全に取り扱うには、帯電防止手袋を使用することをお勧めします。この手袋は半導体の製造、 設計、 及び組み立て用途で広く使用されています。

    RSコンポーネンツでは、高品質の手袋、 グローブライナー、 指サックを各種取り揃えており、繊細な電子部品を安全に取り扱うことができます。

    帯電防止手袋を使用する場合と理由

    帯電防止手袋は、皮膚の接触が問題になる電子機器の組み立て作業に最適です。 たとえば、マイクロエレクトロニクスの取り扱い、 PCやラップトップの修理又は組み立て、 静電放電が問題になる包装エリアなどが該当します。

    静電気に弱い機器を触ると、適切に接地していても放電によって損傷するおそれがあります。 電気経路の接触抵抗を増やすことは、放電の速度を制御する方法の1つです。これを実現する優れた手段が、帯電防止の ESDセーフ手袋の着用です。

    帯電防止作業手袋の特長と利点

    • 通常、帯電防止作業手袋は静電気散逸ポリエステル製で、静電気が蓄積しません。また、摩耗に対する非常に優れた耐性を備えています。
    • 指とコーティングされた手のひらの表面が滑りにくいスーパーグリップで、電子機器やコンポーネントを安全に取り扱うことができます。
    • 着けやすさと着け心地に優れ、一日中使用しても卓越した精密作業性を発揮できます。
    • 手や指の皮脂による電子部品の腐食を防止します。
    • ラテックス製指サックを使用することもできます。指1本に被せるだけで、製品を指から保護しながら手を自由に使えます。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数