型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

ESD連続モニタ

ESD連続モニタ(常時モニタ)は、作業面の静電放電(ESD)を継続的にチェックします。このことは、精密電子機器を損傷から保護したり、可燃性液体やガスの引火の危険性がある区域での放電を監視したりするために重要です。リストストラップマットコードなどのその他の接地コンポーネントをモニタに取り付けて、作業面とオペレータを接続することができます。 


LED (発光ダイオード)は異なる色を示して、放電がある場合にユーザーに警告します。可聴アラームが付いている場合もあります。


ESD連続モニタは何に使用しますか?


ESD連続モニタにより、セットアップ時間が短縮され、接地ループ全体の整合性が確保されます。つまり、シフトの開始時にリストストラップやその他のESDアクセサリを個別に確認する必要はありません。 


ESD連続モニタのタイプ


一部のモニタは静電気を検出するだけでなく、イオンのバランスを調整して静電気を能動的に除去します。このタイプの連続モニタは「イオナイザ」、「イオン化バー」又は「スタティックバー」と呼ばれます。


モニタは、1つ又は2つのリストストラップ、1つ又は2つの面、及び接地に接続できます。端子タイプと供給電圧はさまざまです。一部の製品には、EOS (電気的過負荷)検出及び / 又は充電検出が含まれています。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数