検索キーワード履歴

    銅張積層板

    銅クラッドボードは、基板の片面(銅1層)又は両面(1枚の基材層の両面に銅2層)に銅クラッド材がラミネート加工された基板です。

    銅クラッドは、基板(PCB)の基材になる ガラス繊維やその他の補強材と組み合わせた樹脂に浸漬されます。

    銅クラッドは、優れた導体であり、電気を失うことなく簡単に信号を伝送できるため、 一般に基板産業で使用されています。クラッドボードは、要件に応じて、 さまざまなmm寸法の製品を選択できます。

    フォトレジストボードは感光性のシートです。 高品質のガラスエポキシ製で、片面又は両面に銅箔が接着されています。フォトレジストボードは、基板の製造及びプロトタイピングに不可欠で、さまざまな電気機器における電子部品を接続する基板をサポートします。基板は、フォトレジスト技術により電気めっきで設定されたパターンプロセスを使用して製造されています。

    フォトレジストボードは、感光ボードに照射される紫外線(UV)や蛍光を遮断することで機能します。これを実現するために、現像前にレジストコーティングされたボードをUV光で露光させます。露光されたポリマーは溶けやすくなります。基板上のパネルが真空チャンバを通過するときに、ポジフォトレジストの層が銅箔の表面にしっかりと押し付けられます。基板パターンは、フォトレジストの上に配置され、パネルが強いUV光に露光されます。その後、エッチングによって銅クラッド基材が除去されます。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数